家計管理

我が家の収支と「黒字化」する家計管理のコツ

他の家庭の生活費って気になりませんか?

私は雑誌の記事なんかに家庭の収支が載っていたら読んじゃいます🤗✨
でも、たくさん読んで分かったのが「100組のカップル・夫婦がいたら100通りの生活費内訳がある」と言うこと。

全く同じ家庭ってどこにもないんです。

 

ですが、他の家庭の収支を参考にする事はできます!!

我が家は2人暮らしの共働きなので結婚したてのご夫婦などは同じような環境の場合が多いです。そんな人達の参考になる様に今日は我が家の収支表から家計管理のコツなどを記事にさせて頂きます。

我が家の家族構成

収支については家族構成や働き方・子供の有無などによって変わりますので記載しておきます。

家族構成

フルタイムの夫(自営業)とパートタイムの私の2人暮らし。
賃貸マンションに住んでいます。
車は一台所有。ローンはなし。
奨学金は私のみ(月々11,000円無利子)

個人的には一般的な環境だと思います。

ただ市内在住で家賃が少しだけ高いのに車も必須です。(私が住んでいるマンションは車を2台分契約している人が結構います)
維持費が掛かるので車を所有していない家庭に比べると出費が多いと思います🤚

 

収支

我が家は基本的に毎月30万円でやりくりしております。
予定外の支出がある場合、少し変動することがありますが目標としても毎月30万円に収まるように意識しております。

※この予算には使うための貯金も含まれています。

 

ここから月々の予算を引いていきます。

生活費の出し方は
収入–固定費–貯金=生活費

内訳

それでは参考までに毎月30万円の内訳です。

家賃:100,000円
積立保険:20,000円
お小遣い:30,000円
奨学金:11,000円
光熱費:12,000円
ネット携帯:15,000円
NHK:2,000円

合計 190,000円

 

現在は税金対策として積立保険とイデコに入っていますがイデコは元々5,000円くらいの予定でした。(今は私の収入があるので積立保険項目は4万円です)

老後の貯金を抜いたらだいたい19万円の固定費。何もしなくても毎月約20万円は使っていると言う事です😵

 

他費用

そこから普段は先に貯金を取っています。

先取り貯金

旅行積立 2万円
自動車関係 1万円
冠婚葬祭 1万円

目的のある貯金なので結局使ってしまう貯金ですが、マイホーム貯金だって老後貯金だって「全ていつか使う目的の貯金」です!!
最近、冠婚葬祭用の貯金を足しましたがあると便利です。

生活費

食費(外食込):45,000円
日用品:3,000円
医療費:2,000円
衣服:5,000円
雑費:2,000円
ガソリン:5,000円
その他:8,000円

合計 70,000円

 

多分、家庭の黄金比などを見たことがある人はこれだと「貯金が少ない」と感じるかもしれませんが私が働いている為この様な内訳になっています。

あわせて読みたい
2人暮らし共働き夫婦の「家計見直し」と「黄金比率」4月になり家計の見直し時期となりました👌 皆さん、家計費の見直しは行っていますか❓ 歳を重ねるごと...

今は月に8万〜10万ほどある私の収入は全て貯金。

奨学金がもう少しなので、仕事を辞める前に一括返済して今後の貯金に当てる予定です。こんな感じで毎月生活しています😋✨

 

そして最初に書いた家計管理のコツは生活費の把握です。

 

家計管理のコツ

我が家は毎月の支出を固定費変動費に分けています。
簡単にいうと「固定費」は毎月決まって出て行くお金。「変動費」は毎月決まった額ではないが出て行くお金です。

この基準が我が家は一般的な家庭と違います。

固定費の把握

家賃、携帯代、保険代、光熱費など

基本的に金額が変わらない毎月定額の項目です。

私の場合は常に現金で生活をしているので、カード払いで毎月支払う項目は固定費に入れてます。光熱費や携帯代などですね💡

変動費の把握

食費、日用品、医療費など

毎月金額が変動したり無かったりする項目です。

通称生活費とも呼びますが、私はこの生活費を6項目ぐらいにしか分けていません。普段あまり使わない支出を分けるのが面倒なので全て「その他」として計算しております。

 

こんな感じでその他に入れてる項目が結構あります。

 

これは結婚2年目で決まった分け方で、家計管理をしている人はだいたいの流れを計算しなくても把握できるのが理想です。なのであまりにも項目が多いと把握しきれず予算いくらだっけと思うことも…💦

りあ
りあ
私も最初は細かく分けていたので、家計簿をつけるのが面倒だなぁと思った事が多々!!

家計簿はつけることが目的ではありません。

見直したり、記録を元に改善方法を考えたりする為に利用するものなので自身が書きやすいのが一番だと思います。

 

家計簿をつける

そして1ヶ月、何も考えずに家計簿をつけて下さい。

できれば3ヶ月くらい家計簿を付けたら今の家計の把握ができると思うので、そこから次は削減できる項目を探します💡

 

削減項目を探す

生活しやすい振り分けができたら次は

  • 固定費の削減
  • 変動費の削減

が出来ないか考えます。

 

固定費の削減は変動費に比べて面倒ですが1度成功した場合ずっと削減できるので、最初に行うことをオススメします。

特に確認して欲しいのが保険料通信費

 

保険は家の次に高い買い物と言われていますので、契約は慎重に行い家庭のニーズとあったものを選びましょう。通信費は通話が少ない人は格安スマホへと変えることをオススメします。

ちなみに我が家が変更した点

格安スマホへ変更
保険内容見直し
外食回数の削減

まずは同じ様な環境と収入の家庭を見つけて参考にするのが一番早いです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

我が家なりに考えて工夫して今の貯金〇〇円と言う収支結果となっておりますが、最初は本当にひどいものでした。特に夫の給料が安すぎるわけでもないので、夫からも文句を言われたことがあります💦

りあ
りあ
それなのに家計に関しては丸投げで、今考えると🤔と思うことも多々ありました。苦笑

収支を把握して改善するのが管理のコツだと思いますので、是非トライしてほしいと思います。

私も今より良い家計管理ができる様に頑張ります✨

それでは