貯金のコツ

結婚したらまず「生活防衛資金」を貯めよう!メリットと我が家の資金額

生活防衛資金をご存知ですか?

りあ
りあ
お金が無くなるストレスは思った以上に強いものです。それを体験した事がある主婦りあ(@ria_1122)です😂✨

 

私は結婚するまで知らなかったのですが、過去に2回転職活動を行った私が当時知っていれば「どんなに心の余裕に繋がったか!」と思ったくらい。お金の余裕は心の余裕と言うように、ある程度お金は必要です。

今日は結婚したらまず生活防衛資金を貯めるメリットや必要な金額を書かせて頂きます❤

 

この記事はこんな人にオススメ

・生活防衛資金とは?
・必要な額を知りたい方
・結婚を控えた・または新婚さん

生活防衛資金とは

これは貯金に分類される預金などのことです。

その名の通り、何が起きても自分と家族の生活防衛するための資金💪

突然会社が倒産した!病気になった!
そんな時に安心して生活していけるよう生活防衛資金を貯めておく必要があります。一般的に会社員の場合は生活費6ヶ月分・自営業の場合は生活費1年分と言われています。

お金ってもしもの時に無いと本当に困るもの。それを最初に実感したのは初めて転職活動をした時でした😢💦


生活防衛資金が必要だと思った時

私が「この時生活防衛資金を知っていれば良かった!」と思う時は、最初に転職活動をする前です。当時の私は浪費家で本当に貯金がありませんでした。なので最初に努めた会社を退職した時もほとんど貯金はなし。

つまり退職金で次の仕事を探しました😱💦

りあ
りあ
次の職場を見つけてから退職すれば良かったと思いますが、当時の職場は本当に真っ黒でそれが叶いませんでした(´;ω;`)

まだ20代半ばだったので「なんとかなる!」と信じ、ハローワークに通いながら、自分でも電話して希望の事務職に12月に退職→2月から再就職が叶いました。

しかし、1ヶ月は無職な訳です!!

その時は既に1人暮らしをしていたので何もしなくても月20万円くらいの出費がありました。

面接しても返事に2週間くらい掛かる職場が多く交通費も電車賃も減って行きます。仕事をしていなくても税金の支払いもあり、本当に「早く仕事を見つけなきゃ!就職しなきゃ!」とお金の心配が頭から離れませんでした😢

今思うと生活防衛資金と言うものを知っていたら、浪費家でしたがとりあえず貯めてから退職しようと考えたと思います。まずは知る事が大切

もうあのストレスを経験したくないです💦

 

現在は生活防衛資金を準備済み

その経験もあり、結婚した現在はきちんと生活防衛資金を用意しています。今はフルタイム共働きなので使う機会は1人暮らしの時より少ないと思いますがあるだけで本当心にゆとりが生まれます。

結婚したら色々な目的の貯金を始めると思いますが、最初は生活防衛資金を貯める事をオススメします‼️




我が家の生活防衛資金額

ネット情報・本を元に生活費の6ヶ月分が一般的と言われていますが我が家の現在の貯金振り分けはこの様な感じです。

マイホーム貯金 300万円
生活防衛資金 120万円
年間特別支出費 30万円

我が家では120万円を生活防衛資金として準備しています‼️

 

生活防衛資金の計算の仕方

この120万円はどこから出したのかと言うと、月々の支出から出しています。

30代夫婦の平均生活費!「二人暮らし」と「黒字化」する家計管理のコツ他の家庭の生活費って気になりませんか? 主婦になりたての頃、たくさんの家計簿や収支を見て分かった事が「100組のカ...

現在の我が家の生活費は大体30万〜35万円くらいなのですが、この金額には貯金やお小遣いなどピンチになったときに多分減らす・なくなる費用が含まれています。この費用を抜いて「最低いくらあれば生きて行けるか?」を考えた時、約20万円となりました。

ですので我が家では120万円を口座貯金しております。

 

資金の準備は口座預金がオススメ

この生活防衛資金は万が一の時には使うお金です。

なので投資や株などに変えておくと、いざ必要な時に額が減っていたり時間が掛かったりする場合があります。ですので個人的にはなるべく口座預金としていつでも引き出せる様にしておいたほうがいいと思います👌

安心をお金で準備している感じです。




まとめ:万が一の準備が生活防衛資金

もしもは突然やって来ます。

その時、どんな状況かは分かりませんがまとまったお金がある家とない家とでは心の余裕は違ってくると思います。特に我が家は自営業なのでその気持ちが強いです。「いつ会社が潰れるか分からない」「いつ事故に合うかわからない」だからこそ生活防衛資金があると安心です。

りあ
りあ
ですが、本当にすぐ必要!と言うお金でもないのでゆっくり貯めていければいいと思います😊❤

私は一度お金が無くなるストレスを経験しています。

そしてそれは二度と体験したくないほどの強いストレスでした。ですので、これを読んでる皆さんが同じストレスを体験しない様に重要性を書かせて頂きました💡

それでは

 

 

<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です