私が実践して向いていないと感じた節約・貯金方法4選




1人暮らしを始めた時からお金の管理をする様になりました。
貯金癖のある母からは「絶対貯金するんだよ!」と言われていましたが、最初の頃はどうやって貯金すればいいんだろうと感じていた私。

手取り14万円で1人暮らし をしていた時は固定費や生活費を抜いたら手元に残るお金が1万円だったことも。゚(゚´ω`゚)゚。

 

雑誌や本で見る節約方法・貯金方法は試して来たと自負している私!ですが、この貯金方法は自分に合わなかった・この節約方法は面倒だったなという物がたくさんあるので、今日はご紹介したいと思います。
これから始めようと思っていた方の参考になると嬉しいです!

 

365日貯金

1から365までの数字を金額にして書かれた紙に従い毎日貯金箱などに貯めて行くというものです。数字の順番にはこだわらず、金銭的に余裕のある日は大きな数字。余裕のない日は小さな数字を貯金することで一年間続けやすいメリットも。

ちなみに一年間で66,795円貯まります!!

 

自作で表を作り、貯めた日をカラーペンで塗りつぶして自分だけのオリジナルを作る方も。

ですがこれ、私には合いませんでした^^;
まずカード払いが基本なので小銭が増えません。その為、初めて数日で貯金できない日が訪れました!365日貯金の為に買い物をして小銭を作るのも間違っている気がしたことと小銭を両替するのも手間だと感じ、結局1ヶ月くらいで辞めました。

日常生活でカードを使うことが多い人はあまりお勧めできない貯金方法です。

 

つもり貯金

買ったつもり、食べたつもりで貯金をする方法です。でも実際は手に入っていないですし食べてもいないので私はかなりストレスになりました。゚(゚´ω`゚)゚。

また、頑張れば買えるブランドバッグを買ったつもりでプチプラを購入しても結局すぐ駄目になってしまい新しいものを買うことになります。この経験がなぜか私はすごく多いです…汗
今は「本当に欲しいものなら高額でも買う」と決めたら無駄使いが減りました!!

 

実践するなら【もの】ではなく【消えもの】がオススメです。

 

スライド貯金

スライド貯金とは1ヶ月分のお給料を5週間(35日)でやりくりするという方法です。
これだと1ヶ月目は5日、2ヶ月目は10日とだんだん後ろにずれていき7ヶ月目には1ヶ月分の生活費が丸ごと余る計算になるので実践している方が多いのも特徴です。

ですがこれは我が家みたいに予算ギリギリで組んでいる家計は向いていません。
先日、パートになったことで始めてみようと思いチャレンジしたのですが医療費が高額で予算が立てにくいです。
その為、結局お給料日に補填しないといけなくなりました(゚o゚;

変動が少ない方にはオススメです。

 

スーパーのはしご

結婚したての頃は少しでも安いお店で買いたいと思っていました。
なのでチラシのチェックも欠かさず1日で2店舗を回ることも多々ありました。今思うとすごく時間の無駄使いをしていたなと思います…。

10分先のスーパーで50円安い買い物が出来たとしても、その10分働いたほうが絶対プラスになります(ヾノ・ω・`)

スーパーのはしごって時給換算すると割りに合ってないことが多いのに気づいてからあまりしなくなりました。特に今は時給1000円で働くパートの為、すぐに時給換算してしまい割高でも必要なものを買うのでそもそもの買い物回数が減りました。

食料品は家計簿的にも体力的にも近くのスーパーがオススメです♡

 

まとめ

実際体験して私が向いていないと感じた節約・貯金方法は以下4つ

  1. 365日貯金
  2. つもり貯金
  3. スライド貯金
  4. スーパーのはしご

 

その人の性格や環境によって向き不向きはあると思いますが、私みたいにコツコツ節約するより月に一度だけガッツリ貯めたいタイプはこの方法をオススメできません…。(行っている方は申し訳ございません)

逆に良かったなと思う節約方法などもあるので、また記事にさせて頂きます♡

それでは

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です