お小遣い事情

自営業夫のモチベーションが上がる「お小遣い」の渡し方

皆さんのご家庭はおこづかい制ですか?

りあ
りあ
夫婦で財布を一つにしているので、お小遣い制を導入している家計管理担当りあ(@ria_1122)です☺️

 

私は社会人になってから1人暮らしを経験していますが、夫は結婚するまでずっと実家暮らしでした。つまり入ったお金は全て自分のもの
管理されるのも、お小遣い制も初めてです!!

そんな夫も結婚してから今日まで約2年。

今では文句を言わずに稼いだお金を全額渡してくれる夫に育った私なりの努力をこの記事ではご紹介致します🤗✨

 

こんな人にオススメ

・今より夫に喜んでほしい方
・「お小遣い制」について知りたい方
・仕事に対するモチベーションを上げたい方

はじめに:お小遣いについての考え方

今でこそ文句を言わずにお小遣い制で回っている我が家ですが、結婚当初は夫からの反対がもちろんありました。

夫
・結婚前より使える額が減るのは嫌
・定額のお小遣い制だとなんか嫌
・急な飲み会に参加できないのは嫌

という様な感じでフルタイム共働きだったこともあり、お互いにお金を出し合うスタイルを提案されたました。

 

そもそも夫は付き合いの多い自営業🤔
人脈を広げるために飲み会や交流会などには進んで参加する人なので、気持ちはよく分かりました。なのでまずは一度お小遣い制を試してダメなら変えるという方法で説得。

(もしご主人がゴネたらこの方法がオススメ)

しかし、今後貯金して行くためにも財布は一緒にしたかったので「もらって嬉しい」「また欲しい」と思える渡し方を考え今に辿り着きました。

 

その努力が功を奏したのか、結婚3年目の現在まで一度もお小遣い制を変える事なく生活しています✨

りあ
りあ
さらに最近では夫から「お小遣いを減らしても良い」と言われるくらい心境の変化が…!!

>>お小遣い制に反対していた夫が減額を提案…!!

 

基本的に簡単なことしかしていませんので次のお小遣いを渡すときから実行できます‼️

是非お試し下さい😊




モチベーションの上げ方

今回、私がご紹介する方法は一般的な男性に当てはまる方法だとは思いますが女性よりきっちりしている人やそれでも財布は別がいいと言う方を変えることは出来ません😭

あくまで「お小遣い制でOK」と言う方のみです。

 

ちなみに夫の性格は…

  • プライド高いのに単純
  • 亭主関白気味
  • 否定すると拗ねる
  • 褒められると喜ぶ

 

と、男性らしい分かりやすい性格です。
お小遣い制になった事で仕事のやる気が上がり収入が増えたと夫も言っていますし、収入UPにはモチベーションUPが必要不可欠✨

やる気がある人でも収入が少ない人はいますが、稼いでいる人は基本的にやる気があります!!

夫のやる気をお手伝いしましょう😍❤️

 

手取りの1割をお小遣いにする

我が家は自営業なので給料の変動があります。
その為、固定給ではなく歩合という感じで、頑張った分だけお小遣いが増えるシステムを導入しています。

さらに50万円を超えたら+1万円!!などのオプション付き🤗

りあ
りあ
結婚した当初、夫の手取りは20万円代でしたが「3万は欲しい」と言って、現在は総支給額が40万近くなりました✨

 

ですのでフルタイム共働きでお金に余裕があるうちは、変動するお小遣い制がオススメです。

やる気がある・出世欲がある旦那さんならコツコツと増やす努力をしてくれると思いますし、この1割というのは世間の平均でもあります。

【実録】2人暮らし共働き夫婦のお小遣い事情「手取り1割のメリット」月々のお小遣いはいくらですか? 共働きだと気になる周りのお小遣い事情。 我が家は基本的に手取り額の1割と決め...

周りの人にお小遣い額を聞くのもアリですよ💡

 

現金で渡す

クレジットカードや電子マネーなど支給方法を色々試しましたが、一番喜ぶのはやっぱり現金で渡すことでした。目に見えて金額を確認できる方が喜びも倍増だと思います✨

夫から「クレカが良い」「電子マネーが良い」と言われない限りは現金がオススメ。

 

  • 3万円なら万札3枚と決して細かくしない
  • 全てピン札で用意する
  • 小銭は基本的になし(我が家の場合繰り上げ)

 

お小遣い用の袋を用意する

適当な袋や現金でそのまま渡すよりも、銀行の袋などピンとした袋に入っていた方が喜びます。もし自分がお給料を振込でなく現金でもらう場合、専用の袋が良いですよね!?

それと同じ事です☺️❤️

 

さらに大切なことは…

  • メッセージは必ずつける
  • 金額は書かない
  • 必ず封をする

 

特に糊を貼ることによって開ける時のドキドキ感を味わってもらえます。(糊あり・なしと試した結果)

あとは我が家の場合ですが金額を書かないほうが喜びます✒️
繰り上げなので予想より少し多いことから「今月はいくら入っているかな…♬」と考えながら開けるのが給料日の楽しみにもなっているそうです。

袋に書くときは”おこづかい”ではなく”給料”と書く方が喜びます。

 

そんな我が家の夫はお給料袋(お小遣い袋)にメッセージが書いてあるので捨てずにとっているそうです。

りあ
りあ
たまに見返して仕事のモチベーションを上げているみたいなので書いてる側からするととても嬉しい☺️✨

最近は手紙を書く機会も減ったので日頃の感謝や思っていることはこの時に書いても良いと思います。私の場合「今月は〇〇の予定だから頑張ろう」「今月は驚く金額が入ってます♡」など同じパターンにならない様工夫しています。

 

笑顔で手渡し

そして最後は簡単だけど大切な手渡しです。

日頃の感謝や労いを伝えて最後に笑顔で渡せばバッチリ!!
結婚するほど好きな人の笑顔を嫌に思う男性はいないはずと毎回私はとびっきりの笑顔で渡しています。

 

また、笑顔の人を見るとつられて笑顔になると言うので…

 

笑顔で受け取る

嬉しい気持ちになる

もっと頑張ろう😆

 

と、ポジティブな気持ちで翌日からの仕事はやる気に満ち溢れているはずです。お金も掛からず簡単にできるので是非お試し下さい✨




まとめ:仕事のモチベーションUPは妻次第

ポイント✒️

金額は事前に話し合って決める
専用袋(銀行袋でも可)を用意
メッセージ&封をする
笑顔で手渡し

金額は直接的に仕事のモチベーションに繋がりますが当たり前になってくるとむしろ不満になります。それよりも違う場所で工夫をして「来月はもっと頑張ろう!!」と思って貰える方が収入も増え、家計にも大助かりです✨

つまり、夫の頑張りは妻次第!!

私自身、主婦としてまだまだの所はありますが夫が少しでも喜んでくれる様に努力して行きたいと思います。

それでは

 

 

<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です