貯金のコツ

1年の予算は事前の準備!「年間特別支出表」と無料フォーマット配布

年間特別支出は事前の準備が吉。

りあ
りあ
心配性なので事前の準備はきちっとしたい主婦りあ(@ria_1122)です😳

 

もうすぐ年末年始という事で、皆さん来年のお金の準備はできていますか?

具体的な費用としては…

  • 自動車税などの税金
  • 火災保険などの保険料
  • 誕生日やイベントの費用
  • 年末やGWなどの旅行費用

いつもギリギリになってお金を用意する方。月々の収入で支払う方は要注意‼️

このお金は事前に分かっている事が殆どなので先に用意しておくだけで貯金体質になれる第一歩です。年間特別支出を先に用意しておくと「今月大きな出費があるから貯金できない」なんて事がなくなるのでストレスなく貯金できます🐣✨

今日はその方法をご紹介させて頂きます。

 

この記事はこんな人にオススメ

・貯金体質になりたい方
・年間特別支出表について知りたい方
・一年間のお金の流れを知りたい方

はじめに:年に一度の費用は事前準備がオススメ

年に一度の支払いはきちんと把握されていますか?

お金が貯められない人の特徴に想定外の出費で貯蓄を崩してしまい、モチベーションを下げてしまうと言う事があります。病気や怪我、事故など予想もしない出来事が訪れるこのはいわば当たり前です。

ですが、保険や税金・イベント費用はどは…

事前に準備をする事ができます!!

本当に想定外の出費は保険などで補い、先に分かっている費用は一年間が始まる前に準備をする事がオススメです。

月々いくら保険に払っている?30代共働き夫婦(子なし)の保険内容保険は家の次に高い買い物です。 結婚したら保険に加入しよう!と言われていますが、実際周りの家庭がどんな保険に入って...

私は年間特別支出表の作成で毎月の貯金額に大きな変動がなくなり、日々の節約に勤しむ事が出来ました。この記事では特別支出表の作り方からフォーマットまで配布をしています。

是非読んでいただけると嬉しいです🐰✨




年間特別支出表について

年間特別支出表とはその名の通り、年間で「多分掛かるお金」を事前に準備しておく事でその出費に素早く対応できると言うものです。基本的に税金・保険・イベント費など必ず使うであろう金額を用意しておく事。

表があるので翌年の参考にもなります‼️

 

年間特別支出表のメリット

  • 月々の収支があまり変動しない
  • 貯金が減らない
  • 安心感がある
  • 貯金に対するモチベーションが上がる

個人的に大きなメリットとしては先に特別費を準備をしている事で月々の収支が大きく変動しません。また、目的のある貯金が減るというストレスもないので貯金へのモチベーションは一年間変わらず行えます‼️

また、生活防衛資金と同じであるだけで安心感があります。

結婚したらまず「生活防衛資金」を貯めよう!メリットと我が家の資金額生活防衛資金をご存知ですか? 私は結婚するまで知らなかったのですが、過去に2回転職活動を行った私が当時知っていれば...

デメリットとしては事前に準備をする手間があるという事くらい。

この費用は結局使うお金なので一年間で考えると支出は同じ。ならメリットが多い事前準備がオススメなんです😍❤

年末に翌年度の特別支出表を作るのが一番オススメです。来年の予定を考えて書き込むだけでワクワクする表を作成して下さい🌺

今日は作り方も一緒にご紹介させて頂きます。

 

年間特別支出表の作り方

この画像は2018年度版になります。

現在ブログで配布しているのは2019年度版年数なし版なので、もし「この表を使いたい!」という方がいましたらダウンロードして頂けると嬉しいです🐣✨
他の無料配布と同じPDFで貼り付けてあります。

数字入り数字なし

 

特別支出表を準備する

まずは上の表をダウンロード、または専用の紙を用意したら1月から12月までの1年間に月ごとで必要だと思う金額と項目を書き出します。

イベント費はきちっとした額でなくだいたいにするのがポイントです。

年末に翌年の12月の予定なんて分かりませんが、「クリスマスプレゼントは買うかな?」「多分、外食で1万円くらい使うかな」そんな感じの書き方で私は準備しています。

簡単な記入の仕方

  1. その月々でありそうな事を書く
  2. 実際に掛かるお金を書く(予想で可)
  3. 合計額を書く

これで準備は終了です✨

 

年間特別支出表の金額を現金で用意する

次に行うことは、先ほど書いた紙の金額を現金で用意すること。

ポイントは現金で用意という点です。私は昨年、口座に入れて管理していたのですが私にとって口座に入っているお金=貯金という考えがあり、下ろすのが凄くストレスでした…💦

りあ
りあ
それでも口座管理をしたいと言う人は「貯蓄用の口座」とは別の口座を準備して下さい。絶対に同じにしてはいけません。

一度にお金を準備する事ができない人はいつ、そのお金を準備するかを記入するのもオススメです。

【我が家はこうしてます☝️】

我が家ではいつも冬のボーナスを使って特別支出費を準備しています。ボーナスを当てにしない家計管理をしているので少額でも準備できます。

 

2人暮らし夫婦の年間特別支出

1月 なし
2月 三連休お出かけ 10,000円
3月 なし
4月 夫の誕生日
自動車税
30,000円
39,500円
5月 GWお出かけ 30,000円
6月 私の誕生日 30,000円
7月 なし
8月 なし
9月 三連休お出かけ 10,000円
10月 三連休お出かけ 10,000円
11月 結婚記念日 40,000円
12月 年末年始費用 20,000円

我が家は子供がいないので世間一般的には少ない額になると思いますが、2018年はこんな感じで予算立て。合計219,500円を事前準備で用意しました。

お金を準備できるならどんな方法でも良いと思いますが、月々積み立てるよりもボーナスで用意できる方が精神的には楽だと感じます。




特別支出を予定表通りに使うとき

特別支出を使うときは年間特別支出表にきちんと使った事を記入するようにしましょう。

理由は翌年の作成時の参考になるからです💡

毎年、税金関係の支出予定は変わりませんが誕生日予算や旅行計画などは変わってきます。「この月はこんな事に使った」「この月は使わなかった」など書いてあるだけで、翌年度版を作るとき参考になります。

夫
どうせなら楽しみな予定にお金を使いたい!税金や保険だけでなく、イベント費の予算は大事!

 

来年を想像したときに「こんな楽しみな予定がある」と思える表が作れたら、何とかしてお金の準備をしようとやる気になりますし毎月の節約も頑張れます。

イベント費用も大切ですね😊✨

 

大きな支出は積立貯金がオススメ

保険や税金、イベントなどの費用は年間特別支出表の作成で準備することをオススメします。いつ必要か分からない旅行費用・冠婚葬祭費用は積立貯金がオススメ。

我が家の積立貯金☝

  • 旅行積立
  • 冠婚葬祭積立

あくまで私の考えですが

年間特別支出…使う前提のお金
積立貯金…使うかもしれないお金

年間特別支出表は税金やイベントなど、「ここでお金を使わないと」と思う項目で予定を立て、積立貯金は「あれば使う」のスタンスで貯蓄をするのが良いと思います✨

項目別貯金と積立貯金については後日、記事にさせて頂きます。




まとめ:年間特別支出表の作成で貯金体質になる

年間特別支出表の作成でストレスなく毎月貯金ができています。

ポイントは4つ
  1. 年間特別支出表を作る
  2. お金を現金で用意する
  3. 使用した記録を表に書く
  4. そのほかは積立貯金

貯金をする上で大事なことは使うときは使う・使わないときは使わないというメリハリです。

使う必要があるのに使わないのはケチ!使う必要がないのに使うのは浪費!この見極めをきっちりして家族が喜ぶ一年を過ごしましょう🐰💕

貯金簿を使ってお金の流れを把握
年間250万円の貯金に成功した方法

それでは

 

 

<