2人暮らしの費用

月々いくら保険に払っている?30代共働き夫婦(子なし)の保険内容

保険は家の次に高い買い物です。

りあ
りあ
結婚まで個人で医療保険には入っていなかった主婦りあ(@ria_1122)です😂

 

結婚したら保険に入ろう!

と良く言われますが実際周りの家庭がどんな保険に入っているのか知りませんよね。特に任意保険は各ご家庭の環境や収入・仕事によって必要なものが違います。

そんな今日は参考までに2人暮らし共働き夫婦の保険内容を大公開

簡単にですが参考にして頂けると嬉しいです。

 

この記事はこんな人にオススメ

・2人暮らしの保険内容が気になる方
・医療保険を検討している方
・共働きの保険内容が気になる方

はじめに:我が家のスペック

夫:30代自営業・病気歴なし
妻:30代パート・橋本病有り

現在は結婚3年目の子なし共働き夫婦です。

詳しいプロフィールは『初めての方へ』をご覧下さい!

我が家が保険に加入したのは結婚して数ヶ月頃。

入籍したての頃は引越し費用や家具の購入で思った以上にお金がなくなり、その後も必要な出費が多かったので万が一に備えて保険に入りました。
(結婚は本当にお金が掛かります!)

▶︎▶︎【初期費用】二人暮らしを始めるのに実際かかったお金

【初期費用】2人暮らしを始めるにはいくら必要?実際に掛かった費用を大公開「これから二人暮らしを始める」 「二人暮らしの初期費用が気になる」 そんな方はいませんか? 二人暮らしを始める時、どうして...

当時はお互い保険に入っていなかったので色々な保険会社で話を聞き、個人的に決めた日本の会社へ加入しました。

詳しくご紹介させて頂きます!




現在加入している保険料と内容

一般的に男性の方が手厚く保険に入ることを進められますが、我が家は夫が会社で保険に入っている為、同じ内容です。
(詳しい内容は私にも分かりません)

私は女性特約を付けているので少し高いです。

夫
月々の保険料 約15,500円
妻
月々の保険料 約17,500円

主な内容(一人当たり)

・三大疾病 積立300万
・入院 日額5,000円
・身体障がい 800万(死亡保障の代わり)

我が家は2人とも専門職の有資格者。

万が一どちらかが働けない状況になっても再就職はしやすいと思います。また、生活防衛資金+マイホーム貯金を合わせて貯蓄が300万円以上あります。

▶︎▶︎【2018年】二人暮らし夫婦の年間貯金額

【2018年度版】ふたり暮らし共働き夫婦の年間貯金額と総貯金額ついに2019年度を迎えました! 2019年最初に書く記事は皆大好きお金の話。 (1つ前は事前にできていた記事で...

なので将来への資金として積立保険に入っています!

他、自動車保険家財保険に入っていますがこの2つは夫が独身時代から入っていた保険とマンション指定なので省きます。

 

三大疾病は積立型保険

積立保険とは一定の年齢以上になった場合、掛け金より多くもらえる保険です。

我が家の場合は申し込み年齢が若かったので65歳でプラスになります。その為月々の支払いは高くなりますが我が家はこれを<老後の資金として考えています。

しかしリスクもあります。その辺は注意が必要!

りあ
りあ
積立型の保険は賛否両論ありますが、私はこれが良いと自分で思ったので後悔ありません!

 

入院保険は日額5,000円

1万円と悩みましたが、現時点ではどちらかが入院しても金銭的には困らないので最低限の金額にしています。
女性特定疾病で入院の場合は10,000円。

しかし、30代で一番必要な保険は病気や怪我への保険だと身をもって体験しております。

私が年に一度なる経管ポリープですが、加入している医療保険は支給対象となり1回25,000円支給されます。3割負担でも手術費は高額なのでかなり助かっています!

 

死亡保障は最低限

入院保険とは違いかなり確率が低くなるので死亡保障は最低限です。

今、どちらかが万が一亡くなったとしても仕事には困らないので(精神的には大変ですが)身体障がい保険で付けています。これにしたのは、万が一に使えるかなと思ったからです。

死亡した場合、積立型の保険内容がプラスされるので1人1,100万円掛けています。それでも少ないと思うので子供が生まれた時に夫の死亡保障は増やすつもりです。

保険会社からも死亡保障の額は言われましたが、まだ子供が生まれていないのに先に加入する必要はないと思い「妊娠したら見直します」と伝えてあります。

家庭によって違うと思いますが我が家では優先順位低めです。

 

年金保険は未加入

年金保険は節税効果があると進められましたが、我が家は年金保険に入らずiDeCoを月2万円掛けています。年金保険より節税効果が高いと感じたのでそうしました。

▶︎▶︎支払い詳細は月々の家計簿で公開中




保険のメリット・デメリット

保険に入っているメリットは手厚く付けておけば「万が一があっても大丈夫」と安心して日々を過ごせます。

りあ
りあ
マイホーム貯金や車貯金など目的のある貯蓄をする場合は特にストレスなく行えます♡

ただ、貯蓄がたくさんあるなら保険に入る必要はないとも思います。毎月数万円を保険に回す場合、その分貯金額は減ります。保険は貯める目的より、金銭的に不安な箇所を補う形で使う事が好ましいと思います。

2人暮らし共働きでしばらく子供を考えていない方はじっくり悩んで大丈夫だと思います!

お家で保険相談♪【保険見直しラボ】/ 

保険の注意事項

保険は一度病気になると入りにくくなる

一度、病気になると保険に入りにくい事は知っていますか?

「自分は健康だから保険なんか必要ない」と思っている方。今は健康でも10年後・20年後は分かりません。私は一度、会社の健康診断で再検査になり大きな病院で検査すると橋本病だと言われました。

さらに不妊治療を始めてから経管ポリープの手術を3度経験。

この経験があると今から保険に加入する場合はかなり難しいです…!

若いうちは必要ない人が多いけど、後々必要になる事が保険の注意点だと私は思います。




まとめ:30代共働き夫婦の保険内容

  • ガン保険は積立にして老後貯金
  • 入院の日額5,000円
  • 死亡保険は子供が生まれてから
  • 保険料は合計で月々約3.5万円

夫婦で合計600万円を積立しているので、保険料は高いと思います。

しかし、我が家は自営業なので退職金が殆どありません。定年もありませんがいつまで働けるかも分からないですし少しでも老後にお金を貯めようと結婚時から老後貯金として2万円を貯めていました!

それが今は保険に変わっただけです♡

りあ
りあ
保険は数年ごとに見直しをする事が大切です!我が家はまずは子供が生まれたら見直しする予定です。

それでは