ブログリニューアルの為デザインが崩れている箇所があります

共働き夫婦のお小遣い額はいくら?手取り1割制で収入をアップしよう

結婚すると度々話題になるのが夫婦のお小遣い事情です。

「そもそもお小遣い制じゃない?」
「一般的なお小遣い額はいくら?」

など、気になるところですよね。

実際に結婚している夫婦のお小遣いパターンは3つに分かれていると言われています。一つ目が「どちらか一方が多めの定額」。二つ目が「夫婦同額」。三つ目が「お財布が別」です。

そして、我が家では主にどちらか一方が多めの定額を採用しています。

夫のアイコン画像
俺のお小遣いのが多い!
りあのアイコン画像りあ
我が家のお小遣いは夫婦合わせて〇〇円と決めてます♡

今でこそ上手くいってる「定額制」ですが、結婚当初はその概念がなかった私たち。財布が別というより欲しい時にもらうルールだった為、月々の変動が激しく上手く管理しているとは言えませんでした。

そんな経験をしたからこそ声を大にして言えるのはお金を貯めるなら夫婦のお小遣いは定額制が良いという事!

定額制とは毎月同じ金額がお小遣いになると言う事

その理由は私たち夫婦がお小遣いを定額にした事で貯金がしやすくなったからです。

「お小遣いでそんな変わる?」と思われそうですが本当です!

また、我が家は手取りの1割がお小遣いと定額ですがお金を貯めるなら基本給1割にするとさらに貯めることが可能。実際に収入の50%を貯蓄に回した経験があります。

りあのアイコン画像りあ
結婚当初、インタビューに答えた記事がこちら✨

[ci_txt_label title=”関連記事” color=”light-black” txt=”black”]ストレスFREE!仲良し夫婦の「お小遣いルール」3実例

そんなこの記事では夫婦の「お小遣い」について書いてます。定額制を導入した流れから、一般的なお小遣いの平均額・共働き夫婦のお小遣い額など気になるを多数掲載!

[cat_stripe01]

  • 共働き夫婦のお小遣い額が気になる
  • 皆、月々いくら貰ってる?
  • お小遣いってどんなことに使ってる

[/cat_stripe01]

これを読めば共働き夫婦のお小遣いについてバッチリ!

特に貯金に苦手意識がある方や新婚さんに読んで欲しい記事として作りました。お小遣い制を仕組み化することで夫婦円満も目指せますよ♡

 

Contents

はじめに:お小遣い制ではなかった我が家

最初に書いておきますが、今でこそお小遣い制を導入して上手く家計管理が出来ている我が家ですが結婚当初「お小遣い制」ではありませんでした。

その理由は夫が…

夫のアイコン画像
結婚前より使える額が減るのは嫌だ!

財布は預けるけどお小遣いは自由に使いたい!と今聞いたら怒り出しそうな事を言っていたからです。(当時の私はまだ結婚したばかりで分からなかった)

それに伴い、お小遣いは「欲しい時に貰うスタイル」を導入していました。

そうすると面倒なのがお金の記録です…!

幸いなことに夫は浪費家ではありませんでしたが、少ない時は月1万円から多いと月8万円を超える時があり記録の面倒さや上手くいかない家計管理にイライラしていました。

お小遣い制反対の夫を説得

なんとかこの「欲しい時に貰うスタイル」を変えたいと思った時、お金を貯めるなら定額のお小遣い制を導入しよう!という記事を見つけました。

夫婦のお小遣いは定額にすることでお金の流れが分かりやすくなり管理が楽になる!

 

これだ…!

本当にこの時の私は思いました。

そして定額のお小遣い制をスタートする為、夫の説得を始めます。ネット情報を利用してお小遣い制のメリットを伝えることからスタート。

[cat_maru01 title=”お小遣い制のメリット”]

  • 定額だと貯金の目標を立てやすい
  • 夫婦でお小遣い額を毎月定額にする事で余計な出費が減る
  • 余った分は個人の好きにして良い

[/cat_maru01]

特に夫は「お金を貯めてマイホームが欲しい!」と言っていたのでお小遣い制を導入したら毎月〇〇円は貯金出来る計算だよ♪

夫のアイコン画像
ほう

と実際に月いくらがお小遣いで、そうするといくら貯金が出来るのかをきちんと収支表を作って見せました。すると否定的だった夫も「やってみようか」と言ってくれ、お小遣い制がスタートしました!

渡し方を一工夫してお小遣い制を楽しく

さらに今まで欲しい時に渡すスタイルだった為、必要がなかったお小遣い袋。ですが定額になったら必要になりますよね?

という事で渡し方を少し工夫しています。

[ci_txt_label title=”関連記事” color=”light-black” txt=”black”]モチベーションが上がるお小遣いの渡し方

https://yurutsuma.com/pocket-money-motivation/

毎月、封筒にメッセージと可愛いイラストを書いたりしてオリジナルのお小遣い袋を準備。それだけでモチベーションが上がるそうで、最初はゴネていた夫も今では全く文句を言わなくなりました。

お試しからのスタートが今では普通に!

ちょっとの工夫で準備する方も貰う方もハッピーになれます。お試しあれ♡

 

共働き夫婦のお小遣いについて

それではここから共働き夫婦のお小遣い額になります。私たち夫婦がお小遣い額を決める時参考にしたのが新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」です。

会社員の方の統計で既婚・未婚が合わさっていますが結構平均的な数字が出ています!

サラリーマンのお小遣い平均額

男性 36,747円
女性 33,269円

出典元:2019年サラリーマンのお小遣い調査

20代から50代の有職者の方にとったアンケート結果です。

年齢が上がるほど金額が上がるそうですが、参考になります。ちなみに家計の黄金比にあるお小遣いは「手取りの8〜12%」です。つまり一般的には手取り1割が平均ということ。

これにより夫も納得してお小遣い額を決める事が出来ました!

[ci_txt_label title=”関連記事” color=”light-black” txt=”black”]理想の費目割合が分かる「家計の黄金比」

https://yurutsuma.com/the-golden-ratio-of-household/

我が家のお小遣い平均額

手取り額の1割 月3万〜5万
月1万〜2万

先ほどの平均額を元に我が家のお小遣いを決めました。それがこちらです!

手取り額の完全1割制にしたので「〜」という表現を作りました。

残業などが続いた時はお小遣いが増えるという夫婦でハッピーなルール。自分の頑張りと結果で増えるので私もパートですが同じルールです♪

こうしたきっかけは夫の一言にあります。

最初、友達家庭のお小遣い額を参考にしようと聞き込みをしました。

お金の話は苦手な友達でも夫のお小遣いの話なら全然してくれます。「我が家は〇〇だよ」「うちは〇〇だよ」と話して貰ったのですが、驚くことに皆お小遣いの金額が違いました!

結果を含めて夫に報告。

りあのアイコン画像りあ
私の周りではお小遣い額は収入によって変えてる家庭が多かったよ‼️
夫のアイコン画像
頑張った分だけお小遣いが増えるのは嬉しいかも…。それにしよう!

と言う事で我が家は変動する手取り一割制を導入しました。

 

お小遣い制導入の注意点

お小遣い額が決まったら「終了」ではありません。その前に大事なことを決める必要があります。

お小遣いの使用範囲を決める

お小遣い制を導入する場合…

どこからどこまでを個人のお小遣いで支払うか決めることは必須です!

これを決めてない場合、お小遣い制の意味がないのできちんと決めておくことをお勧めします。

極端な話、お小遣いが月1万円でも飲み会代や昼飯代は別でもらえるなら十分やっていけると思います。しかし家計はどうでしょうか?お小遣い制にした意味はありますか?

となるので、最初に決めておくことが大事です。

一例ですが我が家のお小遣い使用範囲はこのようになっています。

項目 ◯✖ 内容
飲み会代 基本的にお小遣い
お昼代 夫:社食あり
私:弁当持参
美容院 家計から出す
お酒代 ✖️ 基本2人で飲むので家計から
タバコ代 夫のみなのでお小遣い
洋服代 予算以上の場合は自腹
会社行事 基本的にお小遣い
デート時の費用 家計から予算組み
趣味 趣味は基本お小遣い
旅行時のお土産代 人に渡すものは基本家計から
化粧品 私はお小遣いで支払い

○がお小遣いでの支払い。✖️がその他です。

その結果、見てわかる通り我が家はお小遣いで支払う範囲が多いです。ですが今まで、夫婦ともに「お小遣いが足りない!」と思ったことはありません。

夫のアイコン画像
確かに!
りあのアイコン画像りあ
ほとんどが贅沢品なのでないなら使えないだけ

このように使用範囲を決めることはお小遣い額を決める以上に大事なことです!

夫婦会議でお小遣いの精算をする

ちなみに家計のお金から出すはずの分をお小遣いで支払ったときは返金しています。その都度の場合もあるし、月に一度の夫婦会議で精算することもあります。

[ci_txt_label title=”関連記事” color=”light-black” txt=”black”]夫婦マネー会議って知っている?将来に備えて話し合いの場を作ろう

https://yurutsuma.com/month-one-meeting/

お小遣い制を始めたばかりの頃は夫婦会議でお小遣いの話をするのが◎。また使用範囲も夫婦で話し合って随時更新すると良いですよ!

 

お小遣いを手取り1割の定額にするメリット

  1. 残業代もお小遣いになるので嫌々にならない
  2. 仕事のモチベーションが上がる
  3. 収入UPを目指してくれる

手取りの1割がお小遣いのメリットは金額が変動することです。

その為「残業もっと頑張ろう!」や「毎月このくらい欲しいから給料上げよう」など夫にはとても効果がありました。その効果からか手取りが1.5倍になりました!

どうしても3万円以上お小遣いが欲しかった様で頑張ってくれました。そのおかげで家計もだいぶ楽になり、貯金のペースも前より多くなりました。




まとめ:共働き夫婦は手取り1割のお小遣い制でやる気をUP

頑張りによってお給料が増えたら嬉しいですよね。

それと一緒でお小遣いも頑張った時は増える様に「手取り1割」にするのがオススメです。お小遣い制を導入したことで毎月の家計管理も楽になりました!

是非、お小遣い制を始めたい方の参考になると嬉しいです。

それでは

 

https://yurutsuma.com/savings-money250/

https://yurutsuma.com/savings-method/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる