2人暮らしの費用

3割はもう間違え!?家賃は手取り〇〇%以内に抑えて貯金しよう

これから賃貸マンションやアパートを借りる方。家賃は決めていますか?

一般的に家賃は手取り額の25%以内に抑えましょうと言われています。少し前までは3割以内と言われていたので「あれ?」と思う方もいるはず。

その理由は昔に比べてお金を使う箇所が多くなっているからです。

体験談として3割では厳しく引越しをした経験があります。なので家賃を出来るだけ安くした方がいいと言うことをお伝えしたくて記事を作りました。

結婚による引越しで家賃について悩んでいます…。

「どうして25%以内が良いの?」
「家賃が高いとどうなるの?」

そう思っている方は是非、この記事を役立てて下さい。

はじめに:これから2人暮らしや引越しを行う方

私は昔、家賃が手取り3割の額にした事で貯金が出来ない時期がありました。

月にできる貯金は数万円
しかし、そのお金は年間特別支出や冠婚葬祭でなくなり、純粋な貯金は全くない状況が続きました。

「家賃は手取りの3割って言われているのに全然貯金できない…!」

この時、私が実際に感じたのがこれです。ですが調べてみると現在は3割ではなく手取りの25%以内と言われていることを知りました。実際に家計の黄金比率でも25%と記載されていました。

黄金比率はこちらをチェック
予算立てに便利!理想の生活費内訳が数字でわかる「家計の黄金比」皆さん。月々の予算はどの様に決めていますか? 「手取り35万円の生活費平均額は?」 「月々の予算っていくらが理想...



家賃は月々の支出「第1位」

月の支出で1番多い費用ってなんだかご存知ですか?

一般的には家賃です。

だからこそ、出来るだけ抑えた家を探す必要があります。しかし、夢いっぱいの新婚生活や新居に「妥協したくない!」と言う人も多いはず。

ですが、賃貸の家は自分の物になりません。

その気持ちは家を購入した時に発散するとして、今は出来るだけ予算内の家を選ぶことにしましょう。そうすることで月々の家計管理が緩やかになるはずです。

手取りの3割が間違いの理由

家賃が手取りの3割りと言われていた時代は少し前です。

昔は固定費の支出が少なく家賃にお金を掛けても貯金が出来ました。

しかし今は光熱費が基本料から上がり月1万円する携帯を1人一台所有が当たり前。ネット環境のお金など掛かり、昔より固定費が増えています。

項目が増えているので一番の支出である家賃を減らすのは必須ですよね?それが現在は3割では多い理由です。

りあ
りあ
私も調べるまで知らなかったので、今覚えればOKです❤




家は希望より価格優先のわけ

そして私の実体験を元に書かせて頂きますが、希望の条件が揃っている賃貸でも価格が超えているならNGです。

その理由を一緒にご紹介させて頂きます。

固定費は削減できても家賃は下がらない

「節約するなら固定費から」と言われている様に、毎月必ずある支出が固定費です。光熱費は会社の切り替え。通信費は格安スマホに変えるなど様々な方法で安くする事が出来ますが…

家賃だけはそうも行きません!

家賃を下げる場合

管理人に交渉する
引越しをする

の2択しかありません。ちなみに私は過去に2度、管理人さんに家賃交渉をしましたがダメでした。市内の場合、他に借り手がいる為成功する確率は低いと思います。

つまり「引越しする」しか家賃を下げる方法がありません。

引越ってお金も掛かり手間も掛かります。「だったら最初から安い家賃にしておけばよかった!」と実際に思った事があるので、家賃は必ず25%以内にする事が好ましいです。

賃貸でも何年も住む事が多い

「すぐに引っ越すつもりだから」
「今後、家を買う予定だから」

と言う予定が変わらない保証はありません。そう考えていたのに気づいたら何年も同じ賃貸で過ごす方は多いです。長く住むならやっぱり家賃は出来るだけ抑えた方が◎

今と条件が変わったその時に引越しの準備を始めましょう。

貯金のモチベーションが下がる

家賃が高く貯金額が少ない場合、貯金のモチベーションが下がります。

貯金って家賃と同じくらい当たり前の項目になっている現代。その額が少ないとモチベーションが下がるのも当然です。最初からある程度、貯金ができる収支で家賃を決めるのが良いです。

その為にも25%以内になる様に探すのが賢い方法だと思います。

住めば都。そして無い物ねだり

私は今までに4件の賃貸に住んできましたが、不満がない家は1つもありませんでした。

  • 家賃より機能を優先した家
  • 新築で設備の良い家
  • 1人暮らしでは広すぎる家

全て借りる前は「これが一番」と思って契約したのに結局「もっとこうだったら良いのに」と思うことが多々ありました。

ですが、実際に引越しをしたのは家賃が3割を超えている家のみです。

りあ
りあ
やはり金銭的にキツイ家は長く住むことが難しく、大変でしたが引越しをしました…😭💦

どんなお家でも住んでいると段々愛着が湧いて来ます。そして逆に無い物ねだりも起こります。

気に入らないから引越しをするのではなく、気にいる様にインテリアを変えたりDIYをしたり個人で出来る工夫でお気に入りに変える方が引越しをするより楽だと今は思います。




まとめ:貯金をするなら家賃は25%以内に収める

家賃は出来るだけ安いに越した事はないです。理想は手取りの25%以内に収まる事ですが、こればっかりは住んでいる土地によって変わるので一概には言えません。

しかし、家賃を出来るだけ控える事で貯金がしやすくなるのは確実です!

次の引越しや家を借りる予定のある方は可能な家賃の金額をきちんとチェックして借りてくださいね。

\購入者アンケートで5千円GET/

それでは

 

2人暮らしの費用一覧

①初期費用
2人暮らしを始めるにはいくら必要?
②光熱費平均額
2人暮らしの光熱費平均額
③生活費平均額
2人暮らしの平均生活費
④食費平均額
2人暮らしの食費平均額はいくら?