貯金の話

【貯金分け】貯金は現金管理と口座管理のどっちがオススメ?を大解説

皆さん。貯金ってどのように管理されていますか?

りあ
りあ
現金も口座も使うハイブリット主婦りあ(@ria_1122)です♡

 

銀行口座に入れて貯金をしている方。
タンス預金をしている方。
様々な方がいると思いますが、我が家は項目ごとに「銀行口座」「現金」に分けて管理しています。

この分けて貯金がポイント!

貯金初心者さんや元浪費家さんには特にモチベーションUPに繋がるのでオススメです!

 

この記事はこんな人にオススメ

・ふたり暮らしの貯金方法が知りたい方
・貯金初心者さんや苦手意識のある方
・貯金分けについて詳しくを知りたい方

はじめに:貯金分けとは?

貯金分けとは、その名の通り貯金を分けて管理している事です。

1つの銀行口座に貯金・貯蓄を全て預ける。現金のみを家でまとめて管理しているって人は珍しいですよね?その分けている事を貯金分けと言います。

しかし、この貯金分け。
いくつもの口座で管理している人はよく聞きますが「口座と現金を合わせて管理しています」と言う人はあまり聞きません。
(私の周りだけかもしれませんが…( ̄◇ ̄;))

本当にもったいないです!

貯金初心者さんや元浪費家さんなど、貯金になれていない人や苦手意識がある人は絶対合わせて管理した方が良いです。今日はなぜ分けた方が良いのか?などを詳しく説明させていただきます♡



我が家の貯金・貯蓄項目

まずは我が家が(2018年7月)貯めている貯金項目です。

  1. マイホーム貯金
  2. 旅行積立貯金
  3. 車費用積立貯金
  4. 冠婚葬祭費積立貯金
  5. へそくり

現在、我が家で貯金している項目はこの5つです。

ちなみに⑤のへそくりは結婚後に始めた内緒のお金です。

▶︎▶︎パート主婦が行うへそくり方法

https://yurutsuma.com/secretsavings-april2018/

りあ
りあ
その他にも個人的にですが、2,000円札貯金や小銭貯金をしていますが決まったお金を入れているわけではないので省略します。

さて、皆さんならこの5項目をどの様に貯めますか?

「全て同じ口座に入れて管理する」
「〇〇と〇〇は同じ口座で、あとは…」

など色々な方法とパターンがあると思います。

 

実際の我が家の貯金分け

実際に我が家が先ほどの5つをどの様に分けているのかと言うとこうです。

口座A管理 マイホーム貯金
口座B管理 へそくり
現金管理 旅行費用積立貯金
車費用積立貯金
冠婚葬祭費用積立貯金

銀行に預けている項目は2つ。(銀行口座は別)
現金で管理している項目は3つです。

「少し面倒じゃないの?」

と思う方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、私は結婚してから色々な組み合わせの貯金分けを行ってきましたがこの分け方が一番使いやすく貯まります!

そのメリットと理由は次の様になります。

 

銀行口座で管理するメリット・デメリット

まず最初は銀行口座で貯金・貯蓄を管理する場合のメリットとデメリットを考えてみましょう!

メリット 利息がもらえる
1,000万円まで保証
残高がすぐに確認できる
デメリット すぐに引き出せない
銀行に預けに行く必要がある

今は低金利時代と言われています。

ですが現金で管理する場合は1円も増えないのに対し、銀行に預けている場合は確実に増えます。さらにその銀行が倒産しても1,000万円まで国が補償してくれます。また残高が通帳などですぐに確認できることもメリットです。

上記の事から銀行管理は長期の貯金に向いていると思います。

私は楽天銀行(ネットバンク)を利用しております。

楽天銀行を使っている最大のメリットは同じ楽天銀行に入金する場合、手数料が掛からないことです。夫婦で口座を持てば送金したり・されたりなどを携帯1つで行え、手数料が掛からないとかなり便利です。

しかし、5つ全ての貯金を口座管理にする場合デメリットが大きくなります。

特にすぐに引き出せない

と言うのは万が一の時にお金を使おうにも困る場合があります。
「緊急に大金が必要なことない」と思う人でも、お給料日前に数万円が必要などと言うことは結構身近にあると思います。

そんな時のデメリットを現金管理がサポートしてくれます!

 

現金で管理するメリット・デメリット

メリット すぐに使える
預けに行く必要がない
目に見えて貯金が分かる
デメリット 数えるのが少し面倒

突然、お金が必要な時でも対応できるのが現金管理の利点

また私の場合、口座はひとつずつ分けたいタイプなので入金が少し面倒だと感じてしまう事もあります。あとは目で見て貯まっている事がわかればモチベーションUPは間違いなし♡

少し数えるのが面倒ですが少額なら問題ありません。

「お金の余裕は心の余裕」

という様に少しは現金で持っておいた方が安心に繫がります。そういった点でも全て口座に入れるのではなく、現金管理を併用するのがオススメです。




口座管理と現金管理を分ける法則

では、口座管理と現金管理をどの様に分けているのかと言うと…

月に貯金する金額で分けています。

  1. マイホーム貯金→月10万円以上
  2. 旅行積立→毎月2万円
  3. 車費用積立→毎月1万円
  4. 冠婚葬祭費→毎月1万円
  5. へそくり→副収入の利益半分

金額が大きいものは銀行口座で管理をし、少ないものは現金で管理をすると言う事です。また、長期の積立貯金の場合は数万円でも口座管理の方が良いです。

 

貯金分けで金額に対する見方が変わる

私が貯金を始めて一番辛かったことは

貯まっている実感がなかった事です。

最初は口座管理で月に1万円ずつを積立をしていましたが「貯まっている!」と感じたのは桁が変わってからでした。しかし同じことを現金管理で行なった場合、5万円くらいで「貯まってきた!」と感じたんです。

通帳の場合は視覚の情報だけですが、現金だと質感や重さで視覚以外も働きます。

りあ
りあ
ただ、50万円を超える場合は使ってしまうのが怖いのですぐ口座に入れようと感じました。大金に慣れていないビビりです^^;

その事から私は金額によって分けることを決めました。

そこから結婚生活はずっとこの方法で貯金をしていますが、2017年・2018年は目標の貯金額を達成し総貯金額が400万円を超えました。

▶︎▶︎年間250万円の貯金に成功した方法

二人暮らし夫婦の月々の貯蓄額「年間250万円の貯金に成功した方法」皆さん貯蓄はされていますか? ちなみに ・貯金とは…お金を貯めること ・貯蓄とは…金融資産などの総称 ...

 

現金管理のオススメは家計簿と一体化

現金で貯金をしようと思った時に、封筒で管理する方は多いと思います。

ですがその封筒をどの様に管理していますか?

可能なら日々、目につく場所で管理する事がオススメです。そんな私がオススメするのは家計簿に挟んだり貼ったりする事です!私の場合は一緒にクリップブックに挟んでいます。

作り方は簡単

大きめの封筒(お札が折らずに入る大きさ)を用意したら、穴あけパンチで穴を開けて貯金項目名などを色ペンなどで書けば完成!

りあ
りあ
手作りの方が愛着があって大事にしようと思いますし、コストも掛からないので良いかと。かわいい封筒を使用してもいいですね♡

 




まとめ:オススメの貯金分け方法

  • 長期や月に数万円の場合は口座管理
  • 短期や月に少ない金額の場合は現金管理

で貯蓄・貯金をするのがオススメです。

口座管理と現金管理はどちらもメリットがあります。
そのメリットを上手く使い今後の生活に役立てられたら貯金体質へ一歩近づきます!特に貯金に対するモチベーションという件に関しては貯金を分ける事で効果絶大。

是非、貯金分けを活用して下さい♡

それでは

 

 

POSTED COMMENT

  1. アバター いちごみるく より:

    今年から貯金を頑張ろうと思いネットで調べていたら、こちらのブログを発見して、いろいろ見ていました。
    クリップブックに挟んである貯金袋の作り方がよく分からなかったのですが、もう一度教えていただけませんか?

    • りあ りあ より:

      いちごみるくさま。コメント有難う御座います。
      貯金袋ですが普通の白い封筒を挟んでいるだけです(^_^;)
      参考にならず申し訳ございません…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です