家計簿フォーマット

月々の貯金が見える化!?貯金簿を使って夫婦で楽しくお金を貯めよう

月々の家計簿フォーマットと合わせて使える無料フォーマットが出来ました。

その名も貯金簿です!

字の如く、「貯金簿」はパッと見ただけで貯金の増減が分かるグラフ表。貯金のモチベーションアップから貯金額の見やすさ・使いやすさはお墨付きです。

他のフォーマットと合わせて使えば日々の家計管理に役立つ事間違いなし♪

この記事では

  • 貯金簿の使い方
  • 貯金簿の無料フォーマット
  • 実際の貯金簿の様子

をまとめて大公開致します。

「月々の貯金を分かりやすく管理したい!」と思っている方は是非チェックして下さいね。

 

貯金簿とは?

初めに貯金簿とは…

貯金額を記録していくものです。

しかし、ただ貯金額を記録するだけならどんな物でも可能です。他とはちょっと違うのが貯金簿です!

月々の貯金額をグラフにした物

我が家は夫婦で家計管理をしている為、夫が家計簿を見ることは良くあります。

しかし、ただ数字を見るだけだと「増えてるの?」「減ってるの?」と分からない時があったみたいでその度にいちいち説明していました。

夫
これどう見るの?
りあ
りあ
ここはこれとこれを比較して〜

そんな時に思いついたのが月々の貯金額をグラフで記録すれば増減が見やすいのではないかということ。色々作った結果、今の形に落ち着きました。

金額だけでなく増え方が分かる

貯金簿最大の特徴はグラフにする事で増え方が一目で分かる事です。数字でただ管理するより格段に見やすく、また貯金額が増えた・減ったが一目瞭然。

その為、どんな家計簿にも誰にでも使うことができます!

自身のモチベーションアップにも繋がるので、もっと貯金額を増やしたい方やコツコツ頑張りたい方には是非試して欲しいです。



貯金簿の詳しい使い方

この貯金簿は他の家計簿フォーマットと合わせて使うことが出来ます。さらに1枚で一年分なので、一度印刷をすれば一年間使うことが可能!

他にもこのブログではたくさんのフォーマットを配布しているので合わせてチェックして下さい。

貯金簿をダウンロード

貯金簿は他の配布フォーマットと同じくPDFで貼り付けてあります。MacBook・iPhone・Windowsで動作確認済みです。お好みの用紙サイズで印刷して下さい♪

自作発言・二次配布などの行為はおやめ下さい‼️

\印刷はこのボタンから/
貯金簿をダウンロード

項目と金額を記入する

まず貯金簿を印刷したら貯金項目を記入します。これは銀行名でもいいですし、貯金項目でもOK。ご家庭で使いやすい項目を記入して下さい。

りあ
りあ
ちなみに我が家では銀行名を記入しています✨

項目を書いたら左端の線横に金額を記入します。ひとつ5万円と決めても良いですし、現在貯金がある場合はそこから記載してもOKです。

月々の貯金額を記入する

最後は貯金額が確定したら貯金簿に記入して行くだけ。それを1ヶ月ごとにコツコツ行うとこんな感じに仕上がっていきます!

これは実際に私が使用している貯金簿の様子。

これはマイホーム貯金の貯金簿ですが、折れ線グラフになっているので先月からの増減が一目でわかります。また、たくさん貯金できた月とそうでない月も見分けられ振り返ることも可能です!

グラフ化することで貯金のモチベーションアップ

貯金簿は出来るだけ簡単に。だけど見やすい!使いやすい!を意識して作りました。

その為、月の貯金額がわかったら記入するだけなので本当にあっという間に終わります。また書き込む要素が少ないので手間がありません。

グラフ化することで貯金に対するモチベーションがアップしますよ♪

 

貯金簿を使うメリット

貯金簿を使うメリットは

見やすい事。そして改善点を見つけやすい事です!

後から見返したときに「ここは〇〇の支払いがあった」「ここで〇〇を買った」などがわかる様に記入しても良いと思います。工夫次第で色々使えますし、貯金が少なかった月をピックアップして家計簿を見返すことも可能。

貯金に対するモチベーションは確実に上がります♡




まとめ:貯金簿を使って楽しくお金を貯めよう

貯金簿の使い方は自由自在です。

この記事で一応使い方を記載していますが参考程度にお考え下さい。

皆さんが使いやすい様に使ってくださるのが正解です!ただ、貯金の経過は金額よりも大切です。印刷するだけで今日から使える貯金簿を是非ご活用ください。

\印刷はこのボタンから/
貯金簿をダウンロード

それでは

 

月々の家計簿結果は「年間収支表」にまとめよう!2020年度無料フォーマットこのブログで1番人気の家計簿フォーマットに合わせて使える無料フォーマットを作りました。 それが年間収支表です! これを使うと...
主婦必見!家事チェックシートを活用して毎日のやる事リストを作ろう共働きが60%以上と言われている現代でも家事の負担は女性が多く担っているのことが大半です。かく言う我が家は少し前まで夫0:私10と全てを...