貯金の話

二人暮らし夫婦の月々の貯蓄額「年間250万円の貯金に成功した方法」

皆さん貯蓄はされていますか?

りあ
りあ
最近になって貯金と貯蓄の違いを知った、我が家の家計管理担当主婦りあ(@ria_1122)です😅💦

 

ちなみに

・貯金とは…お金を貯めること
・貯蓄とは…金融資産などの総称

今は貯金ではなく貯蓄が大切と言われています。

株や証券・保険などを含めた資産を増やすことが必要とされている今日は、2人暮らし共働き夫婦の我が家が「2017年度はいくら貯金できたのか?」を記事にさせて頂きます。

また、現在の貯蓄方法も掲載しますので参考になると嬉しいです。

累計41万人以上が受講「お金の教養講座」

 

こんな人にオススメ

・ふたり暮らしの貯金額が知りたい方
・子無し夫婦の貯蓄率が知りたい方
・投資や保険で悩んでいる方

はじめに:2017年まで貯金が0だった理由

最初に書かせて頂きますが、貯金が0だった理由は貯金以上の出費が重なったことです。

  • 住居費用
  • 車購入費用
  • 結婚式費用
  • 新婚旅行費用

結婚するにはお金が掛かります。

我が家は結婚前に2人で貯めていた貯金がありましたが、それでは補えきれないほどの支出がありました。それにより結婚3年目で貯金が0。

ただし全く後悔はありません!

正しい貯金の仕方を知ってからは、「お金の使い方」にも着目する様になり自分たちの幸せを感じれる出費が増えました。
それだけでも元浪費家としてはすごい成長です。




貯金0から1年で250万円の貯金に成功

0から貯金を目指した年、

1年間で250万円の貯金に成功しました!

共働きフルタイムですと、しっかりと家計簿に向き合えるのは週に一度くらいです。また、昨年度は貯金が0でスタートした為、まずは生活予備費を貯めようと全て口座貯蓄をスタート。

そんな私が貯めた貯金方法は先取り貯金です。

先取り貯金は私みたいに貯金ぐせがない人でも簡単に貯金が出来る方法の一つです。詳しいやり方は別記事で用意してありますので、是非一緒にチェックして下さい。

▶︎▶︎元浪費家がお金を貯めた!貯金初心者にもできる「先取り貯金」の方法

元浪費家がお金を貯めた!貯金初心者にもできる「先取り貯金」の方法皆さん貯金はしていますか? 元浪費家の私が貯金を始めたのは結婚資金の為でした。 「いつか素敵な結婚式を挙げた...

 

最短で貯金を増やした方法

  1. 私の給料はないものとして貯金
  2. 黄金比率を参考に予算以上使わない決意
  3. 夫の残業代・ボーナスも全て貯金
  4. 触らない口座で貯金を管理する

貯金0からスタートでしたが、最短でたくさんの貯金をする為にとことんお金を回しました。詳しく紹介させて頂きます。

 

我が家の家族構成

自営業の夫×正社員の私の2人暮らし

・賃貸マンション
・車一台所有(ローン無し)
・奨学金の返済あり(私)
・財布は一緒

250万円の貯金に成功した理由の1番は「フルタイム×共働き」です。やはり収入が多いとその分多く貯金できるので、貯めたいなら共働きがオススメです!

ちなみにフルタイム×パートの1年間の貯金額はこちら。

▶︎▶︎【2018年度版】ふたり暮らし共働き夫婦の年間貯金額と総貯金額

【2018年度版】ふたり暮らし共働き夫婦の年間貯金額と総貯金額ついに2019年度を迎えました! 2019年最初に書く記事は皆大好きお金の話。 (1つ前は事前にできていた記事で...

 

どちらか一方の給料で生活をする

ここからは最短で貯金した方法になります。

1つ目はどちらか一方の給料だけで生活する事!

我が家の場合、夫の給料だけで生活しました。
そうすれば必然的に私の給料は全て貯金に回せるので、給料口座を貯金口座に変えてまで「絶対に触らない!」と言う強い気持ちで全て貯金。

【私はこうしてます☝️】

給料の振り込み口座を貯蓄専用の口座にすれば、わざわざ移す必要もありません。一回申請すればあとは自動で変わりますのでオススメ。

 

家計の黄金比を参考に予算以上使わない

私が予算を決める為に使用しているのは家計の黄金比です。

この費用を我が家なりにアレンジを加えて、絶対にこれ以上は支払わないと決めて生活を始めました。この黄金比の良いところは予算がカツカツではないところです。

節約し過ぎて結婚生活が楽しめないのは本末転倒

と私は思っているので、少し余裕のある黄金比の予算を愛用しています。

▶︎▶︎予算立てに便利!理想の生活費内訳が数字でわかる「家計の黄金比」

予算立てに便利!理想の生活費内訳が数字でわかる「家計の黄金比」皆さん。月々の予算はどの様に決めていますか? 「手取り35万円の生活費平均額は?」 「月々の予算っていくらが理想...

家計の黄金比率は家族構成(子あり・なし)、収入、環境(介護・共働き)などで変わってきます。上の表では2人暮らし用として私が少し手を加えています。紹介された数字を知りたい方はこちら…

住居費: 25%
食費: 15%
水道光熱費: 6%
通信費: 5%
小遣い: 8%
預貯金: 18%
生命保険料: 4%
日用品: 2%
医療費: 1%
教育費: 4%
交通費: 2%
被服費: 2%
交際費: 2%
娯楽費: 2%
嗜好品: 1%
その他: 3%




残業代・ボーナスは全て貯金

個人的に結構辛かったのですが、黄金比率どおりに生活をして残業代やボーナスは全て貯金に回しました。

ただ、当時はまだ積立貯金を行なっていなかったのでこの時から始めました!

▶︎▶︎口座貯金と現金貯金はどちらが良い?

【貯金分け】貯金は現金管理と口座管理のどっちがオススメ?を大解説皆さん。貯金ってどのように管理されていますか? 銀行口座に入れて貯金をしている方。 タンス預金をしている方。 ...

 

触らない口座で貯金を管理する

最後が一番大切ですが、

貯金専用口座を作りました!

貯める専用の口座があればキャッシュカードを持ち歩く必要がないので下ろしません。また、私の場合ネットバンクを使用していますので残高がスマホで確認でき、貯金のモチベーションにしました。

【私はこうしてます☝️】

我が家の場合、結婚前から共同貯金を始めましたがその際に専用の口座を開設したのでそのまま現在も貯蓄専用の口座にしています。

・オススメは楽天銀行(口座間の振り込みが無料+即入金確認ができる)




貯金が増えると選択肢が増える

上記の方法で多々がむしゃらに貯金を頑張った結果250万円の貯金に成功。

無事に生活防衛資金を貯める事ができたので、カツカツの貯金生活から投資をスタートさせる事ができました。

▶︎▶︎初めての投資は3,000円投資生活がオススメ!現在の経過と結果

初めての投資は3,000円投資生活がオススメ!現在の経過と結果『はじめての人のための3000円投資生活』と言う本をご存知でしょうか? この本はブログでも紹介している 家計...

 

投資や保険で貯蓄をスタート

これは、ある程度の現金が貯まったらスタートしたいと思っていたものです。

月々の家計簿では固定費に入れている項目ですが将来への貯金。節税効果もある項目なので、貯金に慣れてきた頃加入するのがオススメです。

将来の投資として始めた事

積立保険…65歳で500万円のプラン
iDeCo…毎月2万円
投資信託…月3,000円

実際に税金は未加入時と比べて驚くほど下がりました!

▶︎▶︎月々いくら保険に払っている?30代共働き夫婦(子なし)の保険内容

月々いくら保険に払っている?30代共働き夫婦(子なし)の保険内容保険は家の次に高い買い物です。 結婚したら保険に入ろう! と良く言われますが実際周りの家庭がどんな保険に入っ...

 

現金で項目ごとに先取り貯金をスタート

2017年度は項目などを付けずに全て貯蓄専用口座に入れて一括で管理していましたが、2018年度からは必ず使う項目は別で貯金をスタートしました!

現在、貯金している項目はこの3点。

先取り貯金内容

マイホーム貯金…今までの口座
旅行積立…月2万円(現金)
冠婚葬祭積立…月1万円(現金)

少し前までは自動車関係の積立も行なっていましたが、必ず使う積立なので年間特別支出として用意する事に変えました。

  • 金額が決まっているのもは年間特別支出
  • 金額が決まっていないものは袋分け貯金

で貯めるのがオススメです。

現在は貯金項目を細かく分けて管理中。
これによりモチベーションUPへも繋がり、さらに貯金額を増やせています。




まとめ:貯めたいなら貯蓄する目的を明確にする

がむしゃらに貯金を頑張っていた時、正直「貯金が楽しい」という感覚はありませんでした。

むしろ、

ストレスの方が多かったです(;ω;)

しかし今は少しずつ将来への投資や自分達が楽しむ貯金を始められ、日々楽しく貯金ライフを送っています。
そんな我が家の現在の貯蓄額はこちら。

保険・iDeCo 月4万円
投資信託 月3000円から1万円
旅行積立 月2万円
冠婚葬祭積立 月1万円
マイホーム貯金 平均月11万円
合計 183,000円以上

共働きだからこそ出来る金額かもしれませんが、今だけでもたくさん貯蓄して将来の蓄えにしたいと思います。
理想は私も働き続ける事!

そして貯金をする上で一番大事なことは目的を持つことです。

元浪費家である私でも貯金が出来ているので誰でも貯金をする事は可能です。是非、参考になると嬉しいです。

それでは

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です