節税・投資方法

パート主婦でもお得な「ふるさと納税」とは?制度や仕組みを大公開

年末の申し込みが特に多くなるふるさと納税。給料所得者ならほとんどの人がお得になる制度の為、大人気です。だけど初めてふるさと納税をする人は”?”がいっぱいですよね。

「ふるさと納税はどうすればいいの?」
「初めてするから仕組みが分からない」

そんな人のためにこの記事ではふるさと納税について詳しく解説しています。

特にパートで働いている主婦さん。「自分はあまり稼いでないから関係ない話」と思っていませんか?実はパート主婦でもふるさと納税はお得な制度なんです♡

パート主婦として長らくふるさと納税を活用している私が、その理由を伝授させて頂きます。

\まずはさとふるで上限額をチェック/
さとふる公式サイトへ

はじめに:ふるさと納税とは

ペンシル

それでは最初にふるさと納税についてご説明させて頂きます。ふるさと納税とは”納税”という言葉を使っていますが実際は地方自治体に対する寄付を表しています。

自分が応援したい自治体。ゆかりのある自治体などに寄付をすることで、その自治体の特産品等の返礼品が貰えます。

ただ、ふるさと納税はただの寄付とは違います。

現在、住民票がある地域(今住んでいる場所)に住民税を納めていますが、寄付をする事でその寄付額-2,000円を住民税から引いてくれます。実質負担2,000円で様々な特産品が貰えることから大人気なのです。

【ふるさと納税の特徴】

1.寄付金の使い道を自分で選べられる
2.返礼品は食べ物やレジャー体験など様々
3.ふるさと納税すると住民税と所得税が控除される

応援したい自治体に寄付することでその自治体は豊かになり、私たちはその地方の特産品などをお礼として貰えるのでお互いにメリットのある制度です。

ふるさと納税の詳しい特徴

ふるさと納税のイメージは税金の前払い

ふるさと納税をする時は「専用サイトから自治体に寄付」します。そして翌年の住民税が決まる際、ふるさと納税した寄付金額−2,000円が控除されます。
(2,000円はふるさと納税に対する一律の負担金です)

簡単に言うと「寄付してくれたからその分税金を引くよ〜!でも手数料で2,000円は払ってね」と言った感じ。

ふるさと納税として寄付した金額に支払負担金を引いた額が翌年の住民税で引かれるので、税金の前払いをイメージすると分かりやすいです。

人気の理由は寄付先のふるさと納税返礼品

野菜

「寄付するのに負担金が掛かるの?」
「2,000円の出費じゃないの?」

と思われるかもしれませんが、人気の理由は負担金2,000円以上の価値がある返礼品がもらえる事です。

とある自治体に2万円の寄付しようと思います。ふるさと納税サイトで2万円の寄付先を探してみると、実質2千円では買えない商品が返礼品として貰える場合が多いです。

例えばですがブランド米が10キロで実質2,000円なら絶対お得ですよね!?

さらにふるさと納税は特産品などの食べ物以外にレジャー体験や家電など様々な返礼品があります。ふるさと納税するサイトによって、取り扱いが違うので見比べてみるのも楽しいですよ♡

手続きはワンストップ特例制度で簡単

パソコン

いくらふるさと納税がお得でも手続きが面倒だと足踏みしますよね。ですが、すごく簡単なのでご安心下さい!

現在、会社員の方など年末調整を行い個人で確定申告をしない人は必要書類の郵送だけでOKなワンストップ特例制度があります。これを使えばあっと言う間に手続きも完了。ほんの少しだけ時間を使うだけでお得な商品を手に入れることが出来ます。



ふるさと納税の注意点

発見

ふるさと納税について少し理解してきたところで注意点です。実はふるさと納税は誰でも使える・行える制度ではありません。制限や対象基準がありますのでここで確認しましょう。

ふるさと納税が行える人

ふるさと納税は税金を前払いするイメージとお伝えしました。しかも差し引かれる部分は住民税となります。そのため、ある程度の収入がある人のみが活用できる制度となっています。

収入のない専業主婦(夫)の方や学生の方など基本的に誰かの扶養に入っている方は利用することができません。ですが、私の様に年収200万円代のパート主婦は対象となります。
「200万円代で?」と思われるかもしれませんが本当です♡

今は共働きが多い時代です。少しでもお得を手に入れるためにまずは働いている人全てのかたに限度額をチェックすることをオススメします。

\まずはさとふるで上限額をチェック/
さとふる公式サイト

 

寄付可能上限額に注意

メモ

ふるさと納税は収入・家族構成などで寄付の上限額が変わります。

基本的には収入が多い=上限額が高い

もし自分の収入に対する上限額より多く寄付してもその分は控除されないので注意が必要です。また、医療費控除などがある場合は上限金額が変わります。給料が変動する方は源泉徴収票を貰った後にふるさと納税する事をオススメします!



さっそくふるさと納税を行なってみよう!

それではここから実際にふるさと納税を行うステップになります。簡単にふるさと納税を行う手順はこちら。

  1. 寄付上限額を調べる
  2. 上限額内で好きな返礼品を選ぶ
  3. 申し込み(ふるさと納税)をする
  4. ワンストップ特例制度か確定申告を行う
  5. 翌年の住民税通知で減税されているか確認

返礼品は自治体によって配送時期が変わるので寄付時に確認して下さい。それではさっそく行ってみましょう。

寄付上限額を調べる

まずは先ほど書いた様に寄付可能な上限額を調べましょう。上限額は年収に対していくらという計算方法以外にも扶養人数・家族構成・共働きの有無などで金額が変わってきます。

先にふるさと納税サイトできちんと調べることをオススメします。

\まずはさとふるで上限額をチェック/
さとふる公式サイト

 

上限額内で好きな返礼品を選ぶ

ギフト

最初に調べた寄付可能上限額をもとに返礼品を選びます。

注意としてはワンストップ特例制度を利用する場合5つの自治体までという指定があります。それ以上行うと確定申告になりますので注意して下さい。

申し込み(ふるさと納税)をする

欲しい商品が見つかったら、ふるさと納税の申込を行います。この時に『ワンストップ特例制度を利用しますか?』と聞かれるサイトがありますので、一応全て『はい』とチェックしておきましょう。

必要事項が記入された用紙が一緒に届くので便利です。

ワンストップ特例制度か確定申告を行う

ワンストップ特例制度を利用する場合は必要事項を記載して、寄付した自治体に送るだけです。

その他、注意事項は「ふるさと納税のその後は?すぐ出来る「ワンストップ特例申請書」の書き方」で詳しく掲載しております。

ふるさと納税をした際は送られてくる寄附金受領証明書に返信用封筒が付いている丁寧な自治体が多いです。中には切手不要の自治体もあります!せっかくなので活用しましょう。

翌年の住民税通知書で控除されているか確認

翌年6月ごろに届く”住民税通知書”できちんと控除されているか確認したら終わりです。

ちなみに画像は私がもらう名古屋市の住民税通知書。中に書いてある市民税・県民税の税額控除額の合計がふるさと納税で寄付した金額(−自己負担2000円)くらいになっていればOKです。

 

パート主婦でもお得なふるさと納税を行う方法

財布

パートですとそれほど限度額がありません。私の場合、年15,000円くらいです。しかし、それさえもお得にする方法は実質負担金2,000円を限りなく0に近づけることです。

そこで活用するのは楽天ふるさと納税です。

ポイント還元率を普段から上げている場合、イベント時などに合わせてふるさと納税を行うとポイント還元率が凄く高いです。詳しい楽天ふるさと納税の使い方は「楽天ふるさと納税を利用して実質負担金を0にする方法」で掲載しております。

オススメの方法なので是非参考にして下さい。

楽天ふるさと納税を利用して実質負担金を無料にする方法家計に役立つふるさと納税。 ふるさと納税は好みの自治体に寄付する事で返礼品が貰える制度です。実質2,000円で利用できる事からお得...




まとめ:ふるさと納税はお得な制度

ふるさと納税は寄付から書類の申請まで全て自宅で行うことができます。

また、私が思うに会社員勤めの方は絶対オススメの制度。むしろやらないなんで「もったいない」です。是非、この記事を読んで初めの一歩を踏み出してほしいと思います。

それでは最後にふるさと納税のステップを再確認。

1.寄付上限額を調べる
2.上限額内で好きな返礼品を選ぶ
3.申し込み(ふるさと納税)をする
4.ワンストップ特例制度か確定申告を行う
5.翌年の住民税通知で減税されているか確認

私みたいにフルタイムパートなど年収200万円代でも十分お得な制度なので是非ご活用下さい。

\まずはさとふるで上限額をチェック/
さとふる公式サイト

それでは

 

ABOUT ME
りあ
りあ
大好きな夫と2人暮らし。ベビ待ち。お金を貯めること&使うことが大好きなパート主婦です。年間250万円の貯金に成功!「欲しいものは稼いでから」をモットーにゆるく楽しく生活しています♡