ブログリニューアルの為デザインが崩れている箇所があります

もう洗濯は必要ない!拭けるキッチンマットを使って家事の負担を減らそう

一般的にキッチンマットと聞くとカーペットみたいな素材のものを想像する人が多いと思います。

しかし、この素材だとデメリットが多いのをご存知でしょうか。

主なデメリット
  • キッチンにあるから汚れやすい
  • 洗濯機で落ちないときは手洗い必須
  • 定期的に洗濯しないとカビやダニが繁殖する

正直、デメリットが多すぎて「キッチンマットを止めようかな?」と思ったことがあるのは私だけではないはず…!

ですがやめたら今度は汚れや傷が心配になります。

りあのアイコン画像りあ

どちらにしてもデメリットがあるのがキッチンマットです。

掃除は面倒だけどガマンするしかない!と思って何年か使っていましたが最近、常識を覆す画期的なアイテムに出会いました!

それが

拭けるキッチンマットです!

この拭けるキッチンマットを購入してから

掃除や洗濯の手間が掛からないので、キッチンの掃除時間を大幅に短縮することが出来ました!

正直、最初からこれを買えば良かったと後悔したくらい便利すぎます。

「面倒なキッチンマットを変えたい!」
「キッチンの掃除時間を減らしたい」

そんな人には特にオススメの商品。

毎日の家事は本当に面倒ですよね。この商品を使って少しでも自分の時間を確保できる主婦さんが増えると嬉しいです。

Contents

拭けるキッチンマットとは?

拭けるキッチンマットは一般的なキッチンマットとは違い、塩化ビニル樹脂で出来ている商品です。

特に私が購入した商品は「抗菌」「防臭」「防カビ」「防炎」と安心。

拭けるので洗濯の必要なし

拭けるキッチンマットは水に強いので油汚れや水しぶきもさっと一拭きで簡単キレイになります。

汚れても拭くだけ

この便利さは他のキッチンマットでは絶対に体験出来ません。また、一度体験するとこれ以外を使おうとは思えない便利さです♪

足が疲れにくいクッション性

拭けるキッチンマットはふわふわとしたクッション性が特徴のキッチンマットです。

踏めば分かる「ふわふわ感

料理中の足の負担を軽減すると共に、物が落下した場合の衝撃も吸収してくれます。

私はこの拭けるキッチンマットに変えてから一度ガラスのコップを落としたのですが、驚くことに割れませんでした!

落ち方が良かったのもありますが、クッション性は凄いです。

フローリングを傷つけたくないって方にも真剣にオススメできる商品です。

拭けるキッチンマットの開封レビュー

私が購入したのはヨコズナクリエーション株式会社が販売する「ヘリングPVCキッチンマット180」です。

販売サイズは3種類!

  1. サイズ縦45cm×横120cm
  2. サイズ縦45cm×横180cm
  3. サイズ縦45cm×横240cm

元々は一般的なキッチンマットを使っていたのですが滑りやすく、歩くとずれるのが嫌でお試しで買ってみました。

しかし、買ってみてこの使い心地の虜に♪

今では「これ以外使いたくない!」と断言できるくらい気に入っております。

開くと香る素材特有のゴムの匂い

購入して届いた時は丸くたたんだ状態で届きます。最初の印象は「結構重たい」と感じました。

開いて最初に感じるのは素材特有の「ゴムのにおい」です。

これが結構強いので気になる人は、広げたままベランダに一晩干すとだいぶ良くなります。もちろん完全にはなくなりませんが全然違いますよ!

塩化ビニル樹脂素材なので滑らない

床に広げて驚いたのが全く滑らないことです。

以前使っていたキッチンマットは料理や移動のたびに少しずつ滑ってずれていくのが気になっていました…。そしていちいち戻すのも面倒でした…。

しかし拭けるキッチンマットではそれが一切ありません!

ただし、床材の材質によっては滑る場合があるそうなので注意。

厚みが薄いので隙間にぴったり

我が家は賃貸ですがキッチンの下に引き出しがついていて、厚めのキッチンマットを敷くと開かないことがありました。

その時はいちいちマットをずらして開けていたのですが正直、すごく面倒でした。

しかし、拭けるキッチンマットは厚みが0.6cmと薄いので狭い隙間があってもぴったりハマります♪

同じように収納がついているキッチンを使っている方はオススメです。

水をこぼしても拭き取れる

食器洗いの時に水しぶきをマットに飛ばすことは良くありますが、調味料や料理をこぼした時はどうしていますか?

雑巾でゴシゴシ擦るか、それでも落ちなければ洗濯ですよね。

この面倒な手間が拭けるキッチンマットならありません!

醤油をこぼしてもさっと一拭きすれば綺麗になるんです。

りあのアイコン画像りあ

今までのキッチンマットからは想像ができないくらい便利です!

さらに定期的にキッチンマットを洗濯する必要はありませんし、普段の掃除に合わせて少し拭けば清潔を保てます。

掃除が楽になるのは間違いありません!

拭けるキッチンマットのデメリット

最後は「どんなに良い商品でもデメリットがある!」という事で、拭けるキッチンマットを1ヶ月以上使ってきた私が思うデメリットをご紹介します。

定期的に床から剥がす必要がある

滑りにくく滅多にずれないのが拭けるキッチンマットの特徴です。

そのため、床材に張り付かないよう定期的に剥がす必要があります。

普段の掃除に合わせて行えばいいので特に問題ではありませんが、敷きっぱなしにすると張り付く危険性があるのでご注意ください。

どれくらいの頻度で剥がしている?

私は月に一度、床を水拭きをする時に合わせて剥がしています。月一でも張り付かないので安心ですよ。

ゴムのにおいが完全になくならない

最初開いた時に感じるゴムのにおい。先ほど書いたように結構きついんです…。

そのため、完全ににおいが取れるには時間が掛かります。

夫のアイコン画像

そう?あんまり分からない…

人によってはそれほど感じないようですが、私は最初気分が悪くなるくらい感じたので注意。ただ、丸一日外に干して使えばそれほど気になりません。

1ヶ月もすればほぼ完全にニオイは無くなります

まとめ:拭けるキッチンマットを使って家事の手間を減らそう!

今回、初めて拭けるキッチンマットを購入して定期的な「洗濯」という家事が減りました!

誤って油をこぼしたときはキッチンマットを下洗いしてから洗濯機でしたが今はその苦労が拭けば終わりに変わっています。

あの手間を考えると「もっと早く買っておけば良かった!」と後悔するほど。

りあのアイコン画像りあ

後悔することは絶対ありません!

汚れやすいキッチンマットだからこそ拭けるだけでとっても便利なんです。

  • 洗濯の手間を減らしたい
  • 綺麗な状態を保ちたい
  • 面倒な家事をなくしたい

そう思っている方に是非使って欲しい商品です。価格は控えめなのにデザインの種類は多いので、一度チェックだけでもして下さい!

それでは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる