節約・貯金方法

【初期費用】2人暮らしを始めるにはいくら必要?実際に掛かったお金を大公開

「2人暮らし」って幸せな響きです。

りあ
りあ
1人暮らし歴が約6年と長かったので同棲や同居、ルームシェアなどに憧れていた主婦りあ(@ria_1122)です☺️

 

1人暮らしも2人暮らしも良いところはあるのですが、家に誰かいる安心感は圧倒的にだれかと住む事が絶対条件。夢いっぱいの同棲生活・結婚生活ですが、実際はお金の問題が関わりトラブルになる事も…。

そんな今日は実際に二人暮らしを始める時、掛かった費用を計算して見たので記事にさせて頂きます。

>>結婚前から今までのお金の流れはこちら

 

この記事はこんな人にオススメ

・これから同棲を始めるカップルの方
・引越しを考えている方
・2人暮らしの準備金が気になる方

この記事について

今回のブログは2人暮らしを始める時に必要な大まかな費用をテーマにしています。

特にこれから同棲を始める・結婚をするカップルの方に向けの記事となります。
きっと今は、新しい生活に向けてワクワクしていると同時に不安も大きい時期。特に金銭面では「どのくらいの費用が掛かるのだろう…」と過去の私も不安になりインターネットで調べたりもしました💦

 

そんな人の為に

我が家はこうでした!!

と言うのをお伝えしたくて書かせて頂きました。
ただ、この引越し費用というのは場所・日時・家賃によってかなり変動する内容です。
一例として考えて頂けると嬉しいです😍✨




二人暮らしが決まったら行う事

本人たちが話し合って、

カップル
カップル
同棲する事が決まった!結婚する事が決まった!

と言う時に、最初に考えるのは新居についてだと思います。もちろん新居探しも大事ですが、順番としては下記です💡

  1. 家を探す
  2. 引越しの手配・準備
  3. 家具・家電・食器を購入する

家と家具の間に引越しの準備が必要です。

内容としては水道・電気・ガスの手続きや引越し業者を利用する場合の見積もり、郵便局への住所変更などたくさんあります。今はネットでも手続きができる様にもなりました😊

 

引越し業者を利用する場合は早めの申し込みが必須!!
時期によって見積額が全然違い、他の会社との比較をする事で費用を下げる事ができます💡

少しでも費用を減らしたいなら早めの準備を心掛けて下さい😊

 

家の契約

初めての2人暮らしでは、賃貸マンションやアパートを契約する場合がほとんどだと思います。なのでお家探しを始める前に…

✔︎住む場所の範囲を決める
✔︎家賃はいくらまでか決める

は大体考えて不動産会社に出向いたほうが良いです✨

 

特に大事なのが家賃
家賃は月々かなりの負担になります。一般的に言われているのが家賃は収入の2割から3割以内に抑えたほうが良いという事。実際に私も生活してみて家は変えにくいと痛感してるので、この金額は大事です!!

ここでの家賃では管理費や共益費・駐車場代を含めた金額を言います

もちろん家賃は出来るだけ安い方が良いのですが、場所や土地によっては高額になる事もあります。そんな時、「隣の区なら家賃が安い!」という場合もあるので可能な範囲を決める事が大切です☝️

オススメは2人の通勤時間が30分以内の場所です。

 

【我が家の場合💡】

住みたい地域が3割を超えていた為、一つ道路を挟んだ隣区で探しました。条件が同じマンション、さらに車で5分の違いでも区が変わるだけで家賃が3万下がりました。賃貸会社に希望額を伝えると提案してくれます!

 

また、部屋の広さによっても金額が変わってきます。

「長く住むなら」
「子供が出来てもいいように…」
などの理由で2LDK以上を希望する人がいると思いますが、家賃が3割を超えるなら1LDKで探した方がいいです。

正直、1LDKでも十分暮らしていけます😊✨

 

それ以上に個人的に必要だと思うのは

  • 2階以上
  • 近隣駐車場あり
  • オートロック
  • 浴室乾燥機付き

 

経験者として、部屋の広さ以上に機能の方が大事です。車が必要な家庭は駐車場が付いている物件で2階以上。オートロックと浴室乾燥機は現在「あって良かった!」と思う事なので書かせて頂きました。

もちろん優先順位は人によって違いますが、希望を全て叶えてくれるお部屋より家賃を大事にした方が今後は生活しやすいです😊✨

家賃は手取りの3割以内に収める

 

賃貸契約の初期費用

手取りの3割以内で部屋を見つける決意をした次は初期費用としていくら必要なのかを計算する必要があります。事前に知っておけばいざその時になって「こんなに掛かるの!?」と思う事もありません🤔

一例として我が家の初期費用を掲載致します。

項目 金額
家賃(管理費込) 1ヶ月分 90,000円
敷金 0.5ヶ月分 45,000円
契約一時金 250,000円
駐車場 1ヶ月分 9,000円
ケーブルテレビ 1ヶ月分 540円
保証料 20,000円
町内会費 800円
室内消毒費 12,200円
消費税 ・・・
仲介手数料 100,000円
合計 529,640円

 

一般的に家賃を6倍した金額が初期費用として必要と言われていますが、我が家もだいたいその金額でした。

 

ちなみに契約一時金というのは

退去時に部屋の修繕費用が必要ない代わりに先に支払うお金です。一時金と書いてありますが戻ってきません。

ですので、契約一時金が記載してある物件は短い期間しか入居しない場合はオススメしません。長く住む場合なら敷金・礼金と大差ないので物件が気に入ったのなら契約した方がいいと思います😍❤️

初期費用は家賃の約6倍が目安

 

家具・家電の購入

契約して部屋の隅々まで計測を終えたら、家具家電の買い出しに行きます。

私的にですが、引越し当日から絶対に必要なものはカーテンです。夜、外から丸見えという事がないように窓のサイズはきちんと図って最初につける事をオススメします!!

他は後からの搬入でも大丈夫です😊

 

そんな我が家ですが、結婚前に私が一人暮らしをしていたので使える家具・家電をそのまま使いました。ですので、それほど費用は掛かっていませんが現在は全ての家電を買い替え終わりましたので、もし初期費用として使った場合いくら掛かったのか計算して見ました。

項目 金額
テレビ 120,000円
テレビボード 30,000円
ソファー 100,000円
ダイニングテーブル 60,000円
冷蔵庫 130,000円
食器棚 260,000円
電子レンジ 43,000円
炊飯器 10,000円
ベッド 200,000円
化粧台 20,000円
洗濯機 89,000円
エアコン 50,000円
合計 1,112,000円

 

合計で100万超えてる(°  °)

約3年くらいかけて少しずつ新しい物に変えたので、そんなにお金を使っている感覚がなかったのですが合計してみると結構な額。もし一から揃える場合はこれくらいが目安になると思います💦

 

+食器や細かいものがあるので少しずつ揃えて下さい。

家具はなんでもいいと言う方はこう言ったものが大型家電屋さんで販売されているので探してみるもの良いと思います。正直、二人暮らしなら十分使えます😊

カーテン・ベッド以外は後日でも可能

 

引越しの手配・準備

家具家電を揃えたら、いつ引越しするかを決めます。

二人とも実家暮らしだった場合は個人で運ぶので十分だと思いますが、どちらかが一人暮らしをしていた時は家具や家電を移動させないといけないので業者に頼むのがオススメです。

オススメは大型家電を運んでもらうプラン☝️

普通の引越しに比べて価格が安く、早く終わります。配線もしてくれるので苦手な方は安心ですし、特にエレベーターのない家に運ぶ場合はプロに頼んだ方が良いです。

業者に頼んだ場合、時期にもよりますが私が経験した金額だと1LDK5万円

レンタカーとして2トントラックを借りた場合は6時間で8,000円した。結婚時は義両親が手伝いに来てくれたので個人で運びました💡

引越し業者は時期によって金額が変動します!早めの準備が大切!

 




まとめ:二人暮らしの初期費用

初期費用合計

賃貸契約金…約55万円
家具家電…約110万円
引越し費用…約1万円
その他色々…数えきれない

結果として、二人暮らしを始めるのには170万円以上が必要です。

りあ
りあ
もちろん人によって必要・不必要の家具や家賃の金額が変わると思いますが、我が家の場合はこれだけ掛かりましたよと言う内容です💡

 

想像した以上にお金が掛かると思いますが、それだけ二人暮らしはとても楽しい時間です。最低限の生活が出来るようになったので後は2人でインテリアや小物などを揃えるのも楽しい時間❤️

新生活が良いスタートになる様、事前の準備は大切です😊

それでは

 

 

<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です